幻想文学・ファンタジー小説・ゴシック・・・ 享楽堂は空想家のための古本屋です
空想家のための古本屋 享楽堂のご案内 何冊お買い上げでも、送料は300円です。
ホームゴシック小説・怪奇小説【ゴシック叢書第1期11巻 プラハの妖術師】F.M.クロフォード
書籍詳細

【ゴシック叢書第1期11巻 プラハの妖術師】F.M.クロフォード

販売価格: 4,200円 (税込)
[在庫数 1冊]
 :  冊
ゴーレム伝説と錬金術の町プラハ。マイリンクとカフカの町プラハ――。
失われた恋人ベアトリーチェを求め、《メルモス的放浪》をつづける「旅人」は、
この町で、美しい金髪の妖術師ユノーナに邂逅する。
「旅人」を一目見、心を動かされ、彼の心を自分に向かわせようと
躍起になるユノーナは、ベアトリーチェは死んだ、というが・・・。

フランシス・マリオン・クロフォード(1854-1909年)は、
19世紀末アメリカで一世を風靡した、忘れられた巨大な大衆作家である。
19世紀英米文学の主要なロマンスの舞台であるイタリアで生まれ、生涯の半分をそこで過ごした彼は、
ゴシック・ロマンスを継承しながらそのロマンスの部分を強調し、恋愛物語として自立させることにより
以降の娯楽小説の範型を作り上げ、その作品は世紀末唯美主義の《芸術のための芸術》の《娯楽版》といえる。

――妖しい催眠術、奇怪な人工心臓で錬金術的不死を夢見るアラビア人キーヨルクの暗殺、
ユノーナに翻弄されるユダヤ青年イスラエル・カフカの恐怖・・・
クロフォードの代表的長編である本書は、冬のプラハの錯綜した迷路に繰り広げられる、愛のゴシック・サスペンスである
状態・奥付けなど
状態:並下 帯ナシ。カバーにスレ・小傷・上下部にヨレ・傷み。表紙に少シミ・少汚れ・角に少傷み。天・小口に少汚れ。
出版社:国書刊行会
著者:F.M.クロフォード
翻訳者:木内信敬
発行年:1979年 初版
定価:3400円
ページ数:453ページ
シリーズ:ゴシック叢書第1期11巻

Facebookコメント