幻想文学・ファンタジー小説・ゴシック・・・ 享楽堂は空想家のための古本屋です
空想家のための古本屋 享楽堂のご案内 何冊お買い上げでも、送料は300円です。
ホームゴシック小説・怪奇小説【ゴシック叢書第1期14巻 ヴァセック/泉のニンフ】W.ベックフォード
書籍詳細

【ゴシック叢書第1期14巻 ヴァセック/泉のニンフ】W.ベックフォード

販売価格: 3,500円 (税込)
[在庫数 1冊]
 :  冊
アラビアのカリフ、ヴァセックは官能の限りを尽くした生活を送りながらも、占星術に深く傾倒していた。
ある夜彼は、未知の国からひとりの奇怪な人物がやって来ることを、星の運行の中に読む。
やがて現れた旅人の取り出した剣には見慣れぬ文字が・・・。
英国の大富豪の家に生まれた奇矯な厭世家的コスモポリタン、
ウィリアム・ベックフォード(1760-1844年)は、自らの作品の主人公さながらのスキャンダルと
英国随一のゴシック風建築フォントヒルアベイの建設への奇怪な情熱のうちに生きた一代の奇人というべきであろう。
《大空が読まれる高塔の頂で始り、地下の魔界深くに降りて終る》(マラルメ)
奇書『ヴァセック』はこの半時代的な幻視者が若干22才にして書き上げた、
官能と知の極限を求めたひとりのファウストの恐るべき地獄下りの物語である。
ウォルポールの『オトラントの城』によって始まったゴシック・ロマンスは、
この作品の幻想と暴力とエロティスムによって一挙に時代の文学的魂にふれるラディカリスムを獲得したのだ。
ボルヘスが《ド・クインシーやポーの、ボードレールやユイスマンスの悪魔的な光彩を予表している》と
評したこの作品と奇妙なファンタジー「泉のニンフ」とを収録した。
状態・奥付けなど
状態:並 カバーにスレ・小傷・上下部にヨレ・傷み。
出版社:国書刊行会
著者:W.ベックフォード
発行年:1980年 初版
定価:2000円
ページ数:174ページ
シリーズ:ゴシック叢書第1期14巻

Facebookコメント