幻想文学・ファンタジー小説・ゴシック・・・ 享楽堂は空想家のための古本屋です
空想家のための古本屋 享楽堂のご案内 何冊お買い上げでも、送料は300円です。
ホーム | 雑誌・MOOK > 幻想文学【幻想文学 第62号 魔都物語 都市が紡ぐ幻想と怪奇】
書籍詳細

【幻想文学 第62号 魔都物語 都市が紡ぐ幻想と怪奇】

販売価格: 1,100円 (税込)
[在庫数 1冊]
 :  冊
特集「魔都物語 都市が紡ぐ幻想と怪奇」

近代文学や乱歩における魔都・東京のイメージ(鈴木貞美・高原英理)や
カバラ的イメージのプラハで繰り広げられる幻想文学の数々(石川達夫)、
都市の魂とは何か(井辻朱美)、SF的未来都市の形とは(永瀬唯)と
多角的に都市が孕む幻想性や怪奇に迫ります。
ダンセイニの幻想都市短篇、
森真沙子・菅浩江・牧野修・篠田真由美・加門七海
津原泰水・池上永一・林巧らのエッセイなど。
状態・奥付けなど
状態:並〜並下 表紙にスレ・傷・角・縁に傷み。3ページ程角に大きな折れ跡。
出版社:アトリエOCTA
発行年:2001年
定価:1500円
ページ数:207ページ
シリーズ:幻想文学 62号

Facebookコメント