幻想文学・ファンタジー小説・ゴシック・・・ 享楽堂は空想家のための古本屋です
空想家のための古本屋 享楽堂のご案内 何冊お買い上げでも、送料は300円です。
ホーム | 雑誌・MOOK > 幻想文学【幻想文学 第13号 フランス幻想文学必携】
書籍詳細

【幻想文学 第13号 フランス幻想文学必携】

販売価格: 3,200円 (税込)
[在庫数 1冊]
 :  冊
特集 「フランス幻想文学必携」

 【作品新訳】
  代書人ミシェル・ド・ゲルドロード 酒井三喜訳
 【フランス幻想文学私の10選】
  澁澤龍彦が選ぶ私の大好きな10篇
  巖谷國士が選ぶ巨大なファンテジ-10篇
  日影丈吉が選ぶわが追憶の10篇
  石川喬司が選ぶわが青春の10篇
  松岡正剛〜フランス幻想文学からジッグサッグに
 【インタビュー 私と幻想文学】
  中村真一郎 若き日の夢と文学
  窪田般彌 愉しんで文学を
  出口裕弘 現実と異界のはざまで
 【評論】
  多田智満子 神話の光を浴びて
         ――ユルスナールの場合
  有由忠郎 「聖杯」の光と蝕
         ――グラックの『漁夫王』をめぐって
  田中義厳 クロコダイル
    ――サン=マルタンのオカルト幻想小説について
  滝田文彦 フランス幻想文学の現在
  篠田知和基 フランス幻想実学の理論と書くこと、そして生きること
 【ブックガイド&資料】
  フランス幻想文学基本図書120選(幻想文学会編)
  フランス幻想文学研究書ガイド 森茂太郎編
 【斎藤磯雄追悼】
  浅岡夢二 先師追悼

連載
 幻想ブックレビュー
 幻想の画廊から
 渋谷章 ハガード、ハガード!第13回
 菊地秀行 シネマ幻想館第11回 我が「血塗られた墓標」
 田中浩一 サイキック・ミュージック講座第5回 
                闇――フランス・インディーズ
 稲生平太郎 不思議な物語第4回 メデュウサ
 Fantastic Editors2 渡邊一考――南柯の夢に憑かれて
 笠井潔 日本幻想作家論2村上春樹
             ――都市感覚という隠蔽装置
状態・奥付けなど
状態:並 天・小口・地に少シミ。
出版社:幻想文学会出版局
発行年:1985年
定価:980円
ページ数:191ページ

Facebookコメント