幻想文学・ファンタジー小説・ゴシック・・・ 享楽堂は空想家のための古本屋です
空想家のための古本屋 享楽堂のご案内 何冊お買い上げでも、送料は300円です。
ホーム | 幻想文学 > 評論・思想【崇高と美の起源】エドマンド・バーク
書籍詳細

【崇高と美の起源】エドマンド・バーク

販売価格: 2,200円 (税込)
[在庫数 1冊]
 :  冊
『フランス革命の省察』を著わしたイギリスの政治家、バークの実質的な処女作であり、唯一の美学論考である。
1757年刊行当時ロンドンの文壇において、刺激的な問題提起ゆえ好評を博した。

美は均斉調和に基づく、とした古典主義美学の客観的な審美基準を論駁し、
感覚主義の立場から日常経験についての心理的観察によって美学上の観念を分類整理する。
苦と恐怖に関わり自己維持を目的とする利己的情念と、人間を社交へ導く社会的情念があり、
前者を崇高に属するものと考え、愛の感情を生み出す美の原因となる後者と対比した。
カントなど近世美学への影響、崇高という美学的カテゴリーを唱導する
現代の思想を考察するうえで重要な著作である。
状態・奥付けなど
状態:並下 箱にヤケ。本体に少シミ・少汚れ。表紙角に少潰れ。
出版社:理想社
著者:エドマンド・バーク
翻訳者:鍋島能正
発行年:1973年
定価:2000円

Facebookコメント