幻想文学・ファンタジー小説・ゴシック・・・ 享楽堂は空想家のための古本屋です
空想家のための古本屋 享楽堂のご案内 何冊お買い上げでも、送料は300円です。
ホーム | 雑誌・MOOK > 幻想文学【幻想文学 第51号 アンソロジーの愉楽】
書籍詳細

【幻想文学 第51号 アンソロジーの愉楽】

販売価格: 1,500円(税込)
[ごめんなさい。売れてしまいました。]
特集「アンソロジーの愉楽」

 【巻頭資料】
  東雅夫 幻のアンソロジー――澁澤さんのメモから
 【インタビュー】
  アンソロジストを自称する須永朝彦氏に聞く
  アンソロジストとしての風間賢二氏に聞く
 【精華集・推賞するこの一冊】
  大瀧啓裕 『ロマンシスト・アンド・ノヴェリスト・ライブラリイ』
  鼓直 『アルゼンチン幻想文学選集』
  前川道介 『霧の辻馬車』
  森茂太郎 『フランス幻想小説アンソロジー』
  沼野充義 『世紀を透視する』ほか
 【評論】
  須永朝彦 見渡せば――本朝撰集大概・古典篇
  吉村明彦 日夏耿之介とアンソロジーの近代
 【エッセイ】
  稲生平太郎 『支離滅裂名文集』
  風間賢二 『ポストモダン・フェアリー・テイルズ集』
 【対談】
  瀬高道助&森村進 ボルヘスと澁澤龍偐
 【翻訳】
  二十世紀の幽霊 エリザベス・ボウエン(倉阪鬼一郎訳)
 【資料】
  幻想文学アンソロジー総覧
  アンソロジー収録作品作家別一覧

《連載》
  [新・一書一会]恩田陸
     本好きに捧げる幻の本の物語〜『三月は深き紅の淵を』をめぐって
  新刊展望
  [新刊インタビュー]倉阪鬼一郎 『百鬼譚の夜』
  幻想ブックレビュー
  渋谷章 ハガード、ハガード!第50回
  稲生平太郎 不思議な物語第37回 薄暮の物語
  山下武 ドッペルゲンガー文学考第15回 木々高太郎と甲賀三郎
  篠田真由美 ARCHITECTURA PHANTASTICA 第一章 神の墓
  倉阪鬼一郎訳 英米百鬼譚〜L・T・C・ロルト「叫び」/C・D・パメリー「せむしの少年殺し」
状態・奥付けなど
状態:並 小口に微シミ。
出版社:アトリエOCTA
発行年:1997年
定価:1860円
ページ数:224ページ
シリーズ:幻想文学 51号

Facebookコメント